HAIPICK A42D ダブルディープACR

カスタマイズ可能の伸縮フォークを採用し、ダブルディープの4.5メートル棚を配置し、最大50%の路地面積を低減させ、伝統的な人工倉庫より、保管密度を130%高めることができます。同時に、貨物の新しい取り出し方及び倉庫位置のポリシーを配置し、多様な業務シーンの需要を満足させ、倉庫賃貸のコストを低減し、倉庫の柔軟性と効率を向上させることができます。

製品パンフレット

ダブルディープ ▪ 更なる高密度


HAIPICK A42D
ダブルディープACR

·カスタマイズ可能の伸縮フォークで、深く、浅くとも貨物の出し入れはご心配なく

·4.5mの貨物取り出し高さで、更に大きい保管スペース

·最大50%の路地面積を低減させ、伝統的な人工倉庫より保管密度を130%高め

·スマートなアルゴリズムの最適化で業務シーンの適応

·商品が安定で、2020年3月に初のビジネスプロジェクトが殺到