HAI ROBOTICSは、英国の国境を越えた倉庫のEコマースフルフィルメントを後押しします

お気に入り

このプロジェクトは、自律型ケースハンドリングロボット(ACR)システムを活用することで、売り手が海外のeコマースビジネスをローカライズし、エンドユーザーへの納期を短縮するのに役立ちました。

英国の海外倉庫WINIT

物流倉庫向け自律型ケース・ハンドリング・ロボット(ACR)のグローバルリーダーであるHAI ROBOTICSは、中国の越境倉庫業者WINITとの英国における最初のプロジェクトが、年末商戦の小包配送を目前に控え、成功を収めたことを発表します。

このプロジェクトでは、スタフォードシャー州タムワースの1万平方メートルの倉庫に、4.3メートル高さの棚、12万カ所のロケーションを提供しました。倉庫内に100台のHAIPICK A42ロボットと16台のオンコンベアピッキングワークステーションを配置することで、1日の取扱数量が5万個にも及ぶ商品ハンドリングの効率を手作業に比べて3~4倍に向上させることに成功しました。

倉庫を所有するWINITは、上海に拠点を置く越境ECの総合ソリューションプロバイダーで、オーストラリア、アメリカ、ヨーロッパ数カ国で海外倉庫・配送サービスを展開しています。プロジェクトの稼動により、同社の倉庫の処理能力は急上昇し、Covid-19以降のネット通販ブームにより、世界中の商社から殺到する越境倉庫・物流への注文に余裕を持って対応できるようになりました。

近年、国境を越えた電子商取引が盛んになり、グローバルな倉庫サービスの需要が飛躍的に高まっています。カスタム統計によると、2020年の中国の国境を越えた貿易量は前年比31.1%増の1.69兆人民元であり、2021年には16兆人民元に達すると推定されています。2020年までに、海外の倉庫の所有数は中国のオペレーターによると、1,800を超え、総面積は1,200万平方メートルを超えました。

ただし、国境を越えた倉庫のオペレーターは、ひびが入りにくく、いくつかの問題に直面することがよくあります。 

そもそも、海外で営業している倉庫のオーナーを悩ませてきた大きな問題は、人手不足と現地労働者の雇用コストの上昇です。彼らはまた、平均以上の賃金であっても、先進国の商業ハブの近くにあることが多い倉庫で安定した労働力を維持することは頭痛の種であることに気づきました。倉庫の自動化は差し迫った問題になっています。

2つ目の課題は、家電製品から赤ちゃんのおもちゃまで、さまざまなマーチャントが所有する膨大な数のSKUがあることです。このため、保管密度やピッキングの効率性が懸念されています。消費者の小包短納期に対する要求の高まりに応えるため、複雑な注文処理に対応できるロボットを倉庫に導入することは、やりがいのある決断といえるでしょう。

迅速に展開する柔軟な倉庫ソリューションは、成長するビジネスが長く待つことができない国境を越えた倉庫の所有者にとって非常に重要です。

これらの懸念に対処するための近道を見つけられなかったWINITは、HAI ROBOTICSのソリューションが、高いストレージ密度、商品の取り扱い精度、運用効率、および柔軟性のニーズに最適であると判断しました。

WINIT海外の倉庫

1回の移動で8つの積荷でピッキングと仕分けができるHAIPICKA42ロボットを使用すると、1人の作業者が1時間に450個の商品を処理できます。これは、手作業の3〜4倍の速度です。また、このソリューションは、0.25mから6.5mの高さのスペースを最大限に活用して、ストレージ密度を130%向上させました。インテリジェントなトートの識別とラベルの読み取りをサポートするHAIPICKシステムは、99.99%のピッキングとソートの精度を誇っています。

HAI ROBOTICSの営業担当副社長であるは、ストレージの高密度化、必要な手作業を容易にする革新的なワークフローなど、パフォーマンス向上のためのカスタマイズプランを作成したと述べています。「私たちは、主にACRシステムを提供することを義務付けられていました。しかし、私たちは入荷から出荷の梱包までの全プロセスを考慮しました。ワークステーションも海外の基準で人間工学的に設計し直しました」とKane Luogが述べています。

HAI ROBOTICSについて

自律型ケースハンドリングロボティクス(ACR)システムのリーディングカンパニーであるHAI ROBOTICSは、ロボティクス技術とAIアルゴリズムを通じて、効率的でインテリジェント、柔軟、カスタマイズされた倉庫自動化ソリューションの提供に取り組んでいます。各工場や物流倉庫に価値を創造することを目的としています。

2015年に独自開発した「HAIPICK ACRシステム」は、世界初の試みです。

2016年に中国・深センに本社を設立したHAI ROBOTICSは、香港特別行政区、日本、シンガポール、米国、オランダに5つの子会社を設立し、30以上の国や地域のお客様にサービスを提供しています。現在、従業員数は1,200人を超え、そのうち50%以上がエンジニアです。位置決め、ロボット制御、倉庫管理などのコアとなる知的財産で600以上の世界特許を取得しています。2021年の最新のCおよびDラウンドの資金調達では、総額2億米ドル超を調達しました。

WINITのケーススタディについて詳しくは、ここをクリックしてください

お気に入り

微信扫码分享

人や社会に新たな価値ある

ロボットを提供し続ける

倉庫保管密度と作業効率が上がるソリューションを提供するHAI ROBOTICSにお問合せ

お問合せ